義肢装具製作会社
在庫管理と業務効率化を
サポートします!

POSPITの3つの特徴

Three features of POSPIT

正確な在庫数と商品の所在を把握

商品QRコードをバーコードスキャンすることで、「いつ」「誰が」「どこに」「どの商品」を出庫したか明確にし正確な在庫管理が行えます。

余分な商品発注を抑え適正な在庫数で運用

出庫予約した商品が在庫不足だった場合、自動的に不足数分の発注予約が行われるので余分な発注を防止し適正な在庫数で運用できます。

不良在庫の発生を防ぎ常に新しい商品を在庫

商品入荷日と出庫回数を元に出庫優先順位を付けることで、商品の経年劣化を抑え常に新しい商品が在庫されるよう管理します。

受発注から出荷までの作業を効率化し
適正な在庫管理を実現
経費削減に加え従業員の意識改革にも
つながる業務管理システム

プロモーションビデオはこちら▶

ワークフロー

Work Flow
  • 受注・出庫予約

    受注が入りましたらPOSシステムに出庫予約を登録します。出庫予約の時点で在庫がなかった場合、自動的に発注予約に移ります。
  • 入荷

    発注予約を受け、専任担当者が発注処理を行います。入荷した商品にPOSシステム管理用のQRコードを貼り付けます。この時点で該当商品はPOSシステムの管理下に置かれます。
  • 商品選定

    出庫予約を受けて商品を出庫するのですが、対象商品の入荷日と出庫回数を元にどの商品を優先して出庫すべきかPOSシステムが自動選別します。
  • 出庫

    商品を出庫する際にQRコードをスキャンすることでその商品を、誰が、何処に、何時まで、持ち出すのかシステムに登録され、商品の所在が明らかになります。
  • 棚卸し

    棚卸し作業は、QRコードをスキャンして登録するだけでPOSシステムが自動照合を開始しますので、正確でスピーディーな棚卸しが行えます。
QRコード在庫管理システムのワークフロー
QRコード在庫管理システムのワークフロー

こんなことができて

  • □ 時間、場所を問わず在庫確認
  • □ リアルタイムで在庫情報を更新
  • □ 入荷日の古い商品から出庫・販売するよう自動検索
  • □ 常に在庫状況をチェックし、過剰発注を未然に防ぐ
  • □ 複数拠点の在庫情報を一元管理

こんなことが削減できます

  • □ 外出先から電話で在庫確認する手間を削減
  • □ 棚卸しに費やす人員と時間を削減
  • □ 不良、廃棄商品の発生頻度を抑制
  • □ 売れ残る過剰在庫を抑え、常に適正在庫数を維持
  • □ 複数拠点の在庫情報を取りまとめる人員と時間を削減

運用実績

Works

実際に「POSPIT」を導入した義肢装具製作会社では、受注件数を減らすことなく在庫金額を50%以上削減し、棚卸資産回転率も大幅に向上しました。 在庫情報だけでなく仕入れ情報なども共有することで、在庫管理に対する社員の意識改革にもつながります。

【在庫金額推移】

【棚卸資産回転率】

【社員の意識改革】

「POSPIT」を導入したことで、社員一人一人が商品を仕入れる責任と無駄にしない意識で業務にたずさわるようになりました。こういった意識の変化が在庫金額の削減と適正在庫数での運用を実現できた要因の一つと考えます。

お問い合わせ

CONTACT

TEL.022-211-8878

月曜〜金曜9:00〜18:00(土・日・祝休)

お名前 (必須)

メールアドレス

題名

メッセージ本文


(必須)